コーエー定番シリーズ「源平合戦」の攻略に…

武将一覧−ま〜も行−

真壁長幹(まかべながもと)
知48 武78 優17 勇47 菩50 加40 無22 弓72
常陸大掾・多気直幹の子。通称は六郎・左衛門尉。源頼朝に従って京都に向かった。幕府御家人。

 

牧宗親(まきむねちか)
知62 武52 優36 勇18 菩37 加37 無26 弓62
駿河の人。北条時政の後妻・牧の方の兄弟。父親説もある。

 

増尾兼房(ましおかねふさ)
知60 武73 優47 勇33 菩60 加54 無53 弓61
十郎権守と称す。義経の妻の乳人。義経に従い、衣川で討死。

 

俣野景久(またのかげひさ)
知41 武71 優39 勇55 菩63 加34 無19 弓85
大庭景宗の子で通称・五郎。身長六尺を超る強力の持ち主。平維盛に従って、篠原の合戦で木曽義仲と戦い、敗れて自害した。

 

松浦重俊(まつらしげとし)
知64 武57 優48 勇48 菩55 加40 無38 弓77
太郎と称す。平氏の郎党。平治の乱後、藤原信頼の首をはねた。

 

真名辺五郎(まなべごろう)
知39 武54 優27 勇34 菩46 加52 無23 弓92
四郎の弟。生田の森で源氏勢の河原高直・盛直兄弟を射殺した。

 

真名辺四郎(まなべしろう)
知41 武59 優15 勇36 菩55 加65 無24 弓91
備中の人。平氏の郎党で弓の名手。一の谷の合戦に従軍した。

三浦義澄(みうらよしずみ)
知73 武82 優43 勇54 菩50 加83 無30 弓75
相模の豪族。荒次郎・三浦介と称す。頼朝の挙兵にいち早く応じた。平氏追討・奥州征伐に活躍し、幕政の中枢に参画した重鎮。

 

三浦義村(みうらよしむら)
知87 武75 優37 勇26 菩40 加77 無19 弓68
通称・平六。右兵衛尉・左衛門尉・駿河守。義澄の子。北条氏に並ぶ豪族の長として、幕府の地固めを行った。のち評定衆となる。

 

源有綱(みなもとありつな)
知46 武75 優52 勇28 菩55 加69 無61 弓66
源頼朝に属して平氏討滅の戦いに参加。源義経の女婿となり、義経の都落ちに同道するが、北条時定の追撃を受けて大和の山中で自殺した。

 

源義円(みなもとぎえん)
知53 武73 優61 勇14 菩59 加28 無43 弓59
頼朝の異母弟。平治の乱後に出家。のち頼朝の挙兵に参加し、源行家とともに墨俣川で平氏と対陣。平重衡の急襲に敗れて討死した。

 

源忠清(みなもとただきよ)
知34 武76 優45 勇41 菩34 加52 無26 弓69
美濃源氏の出で、左衛門尉。弟・満実殺害の罪により、佐渡へ流された。

 

源仲頼(みなもとなかより)
知65 武57 優55 勇36 菩56 加52 無45 弓59
後白河法皇の近臣源仲兼に仕えた。法住寺合戦の際、仲兼の乗馬が空で走るのを見て、主は戦死したと思い込み、討死した。

 

源則清(みなもとのりきよ)
知62 武53 優63 勇29 菩39 加51 無35 弓48
平宗盛の家人で美濃守。壇ノ浦の合戦で捕らえられ、宗盛とともに鎌倉に連行された。

 

源範頼(みなもとのりより)
知66 武68 優51 勇30 菩72 加79 無36 弓69
通称・蒲冠者、三河守。頼朝の異母弟。源氏の大将として平氏を滅ぼす。のち、謀叛の嫌疑をかけられ、伊豆へと流された。

 

源広綱(みなもとひろつな)
知69 武63 優57 勇33 菩60 加55 無68 弓67
源頼政の子。源頼朝の推挙で駿河守となる。頼朝に随行して京に赴いたが、突然姿をくらませて出家した。

 

源希義(みなもとまれよし)
知72 武67 優37 勇47 菩66 加36 無60 弓62
源義朝の子で頼朝の同母弟。平治の乱で捕らえられ、土佐国に配流された。兄・頼朝の挙兵により平氏の追討を受け、討死した。

 

源行家(みなもとゆきいえ)
知81 武69 優63 勇44 菩39 加29 無21 弓44
新宮十郎。頼朝の叔父。以仁王の令旨を携え、中部・関東の源氏に平氏打倒を呼びかけた。のち、義経に加担して頼朝に殺された。

 

源義高(みなもとよしたか)
知12 武49 優11 勇14 菩60 加32 無48 弓47
源義仲の長男。母は今井兼平の娘。義仲と頼朝の和睦のために、頼朝の長女と婚約して鎌倉に入る。義仲の死後、鎌倉を脱出したが、入間川原で討たれた。

 

源義嗣(みなもとよしつぎ)
知53 武69 優23 勇40 菩52 加36 無59 弓67
源為義の子。淡路に居住。平教経が淡路に寄せたときに討死した。

 

源義経(みなもとよしつね)
知60 武90 優59 勇65 菩63 加85 無34 弓61
源義朝の九男で幼名・牛若丸。平治の乱で義朝が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に奥州・藤原藤原秀衡の庇護を受ける。兄・頼朝が平氏打倒の兵を挙げるとそれに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼし、その最大の功労者となった。その後、頼朝と対立して再び藤原秀衡を頼ったが、秀衡の死後、頼朝の追及を受けた藤原泰衡に攻められ、衣川で自刃した。

 

源義仲(みなもとよしなか)
知21 武98 優12 勇79 菩64 加79 無46 弓92
河内源氏の一族・源義賢の次男。源頼朝・義経とは従兄弟にあたる。以仁王の令旨によって挙兵、倶利伽羅峠の戦いで平氏の大軍を破って上洛する。しかし、京の治安維持に失敗して後白河法皇と不和となり、源頼朝が送った源範頼・義経の軍勢に粟津の戦いで討たれた。

 

源義久(みなもとよしひさ)
知52 武69 優22 勇41 菩54 加63 無55 弓65
源義嗣の弟で頼朝の叔父。兄とともに平教経に抗するが生け捕られた。

 

源頼朝(みなもとよりとも)
知95 武68 優65 勇72 菩82 加90 無35 弓68
源義朝の三男。平治の乱で義朝が敗死したことにより伊豆国へ流される。以仁王の令旨を受けて平氏打倒の兵を挙げ、関東を平定し鎌倉を本拠とする。弟たちを代官として源義仲と平氏を滅ぼし、その後、戦功のあった義経の追放、奥州征伐を経て征夷大将軍となり、武家政権を樹立した。

 

三善康信(みよしやすのぶ)
知89 武25 優77 勇11 菩88 加88 無62 弓18
中宮大夫属。明法家の出身。母は頼朝の乳母の妹。頼朝の招きで鎌倉に下向。問注所初代執事として幕政の基礎を固めた。

武蔵有国(むさしありくに)
知48 武63 優54 勇51 菩54 加34 無40 弓66
三郎左衛門と称す。平氏の家人。篠原の合戦で義仲軍と戦い、討死した。

 

武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)
知60 武96 優30 勇65 菩78 加60 無65 弓82
義経の従者。武芸に優れ、義経に従って平氏を滅ぼす。義経が藤原泰衡に攻められた際、主人を守って立往生したという。

 

武藤資頼(むとうすけより)
知78 武52 優59 勇22 菩57 加77 無38 弓63
当初、平氏の家人だったが、のちに源頼朝に仕えた。大宰少弐に任ぜられ、その権限を利用して、九州全土に及ぶ統治権を行使した。

 

宗像氏国(むなかたうじくに)
知73 武55 優68 勇44 菩60 加73 無54 弓49
筑前国・宗像神社の大宮司。鎌倉幕府から大宮司職の安堵を受け、御家人として社領の支配強化をすすめた。

 

村上康国(むらかみやすくに)
知49 武70 優35 勇34 菩50 加53 無36 弓67
判官代と称す。一ノ谷の合戦に義経に従って参戦した。

 

村山義直(むらやまよしなお)
知50 武64 優32 勇36 菩50 加44 無32 弓62
義仲に与して笠原頼直と戦うが敗れ、義仲に救援を求めた。

文覚(もんがく)
知78 武70 優69 勇65 菩67 加80 無70 弓63
真言宗の僧。後白河法皇に逆らって伊豆に流される。そこで頼朝に会い、父・義朝の髑髏を見せて打倒平氏を促したという。

 

ページトップへ

amazonでの評価はこちら↓
コーエー定番シリーズ源平合戦
コーエー定番シリーズ 源平合戦




ホーム ゲームの概要 攻略法 データ集 プレイレポート 大河ドラマ「平清盛」