コーエー定番シリーズ「源平合戦」の攻略に…

第15回「嵐の中の一門」

平忠正(豊原功補)、いくら何でも「お前が死ねばよかったのだ」はないでしょう。そんなこと言っているから、保元の乱の後処理で清盛に斬られることになるんですよ。

 

それにしても、藤原頼長(山本耕史)の悪辣ぶりはエスカレートする一方ですね。奸佞邪智を地で行くような役回りですが、実際ここまでひどい男だったのでしょうか。異常なまでに他人に厳格なナルシストというイメージだったのですが。彼の失脚、というか文字どおり最期も刻一刻と近づいてはいます。楽しみです。

 

源為義(小日向文世)と義朝(玉木宏)が、何かにつけて衝突するようになったのも、保元の乱への伏線ですかね。早くカタルシスを味わいたいものです。

 

ここまで15回ほど視てきて、中村梅雀の家貞と上川隆也の盛国がとても気に入っています。いずれも懐の深い味のある演技で、見ていて安心できますね。

 

家貞は、忠盛・清盛の二代にわたって側近として仕えた生粋の平氏家人です。保元・平治の乱でも活躍し、一ノ谷の合戦で討死したとされています。盛国は、壇ノ浦の合戦まで生き延び、平氏滅亡後は捕虜として鎌倉に送られました。以後、飲食を一切絶って法華経に向かい、餓死したそうです。

amazonでの評価はこちら↓
コーエー定番シリーズ源平合戦
コーエー定番シリーズ 源平合戦




ホーム ゲームの概要 攻略法 データ集 プレイレポート 大河ドラマ「平清盛」