コーエー定番シリーズ「源平合戦」の攻略に…

保元の乱 その2

【摂関家】藤原忠通 vs 藤原忠実−藤原頼長

対立の直接のきっかけは、白河法皇に排斥されていた藤原忠実が、鳥羽法皇によって内覧に任じられたこととされています。内覧とは、関白とほぼ同じ職務を遂行し関白に準ずる役職なので、内覧の忠実が事実上の関白となってしまいました。なぜ鳥羽法皇があえて平地に乱を起こすような人事を行ったのかはわかりません。

 

ただ、そうなるとおもしろくないのは、時の関白であり忠実の長男でもある忠通です。彼は、鳥羽法皇の皇后である美福門院得子に接近し名目だけでも関白の座は死守しましたが、父子の関係は次第に悪化していきます。

 

忠実が次男・頼長を寵愛して忠通を疎んじていた形跡があり、もともとソリの合う合わないがあったのかもしれませんが、そのあたりは定かではありません。

 

忠実・頼長と忠通とは近衛天皇の後宮政策においても対立し、忠通は父から義絶されて頼長に氏長者を譲らされる破目になりますが、近衛天皇の崩御によって事態は一変します。

 

近衛天皇の病が頼長の呪詛によるものとの噂が蔓延し、これを耳にした鳥羽法皇は激怒。その結果、後継の後白河天皇からは頼長に対して内覧の宣旨が下されず、さらに鳥羽法皇との紐帯であった皇后・泰子(忠実の娘)の死去によって、忠実・頼長父子の失脚は確定してしまいました。

 

【平氏】平清盛 vs 平忠正

ドラマは、清盛が忠盛の実子でないという前提で描かれており、実際にそれを原因とする感情的な対立があったのかはわかりません。

 

ただ、平忠正は鳥羽上皇によって排斥され、摂関家の家人として活動していたことから、鳥羽上皇の信任が厚い兄・忠盛やその子・清盛とは、あまりしっくりいっていなかったようです。

 

保元の乱では、摂関家の藤原頼長に従って崇徳上皇方につきましたが、敗れて清盛の手によって処刑されました。

 

乱の顛末を描いた軍記物語『保元物語』では、源氏の勢力減退を目論む清盛が信西と謀り、自ら進んで叔父の忠正を処刑することで、同じく罪人となった源為義を子・義朝が斬らざるを得ないよう仕向けたとしています。

 

【源氏】源為義 vs 源義朝

ドラマで描かれているように、義朝が東国から京に戻って以来、父・為義と義朝の関係が悪化していきます。

 

原因は、義朝が為義よりも出世したこと、その出世のために、為義が仕える摂関家ではなく、院近臣である由良御前の実家・熱田大宮司の後ろ楯を得て鳥羽院と強く結びついたことと考えられます。

 

東国の義朝勢力を抑えたい為義の意向を受けて東国に下った弟・義賢を、義朝が長男・義平に討たせたこと(大蔵合戦)から、為義と義朝は修復不可能な対立関係に陥ります。

 

どうも平氏に比べて、源氏の血は冷酷ですね。海外交易で富を得た西国の平氏と、限定的な土地を奪い合う宿命を背負った東国の源氏の違いでしょうか。400年後、「百万一心」を合言葉に家中を団結させ、西国に覇を成した毛利元就との共通点を、平氏に感じます。
ページトップへ
《続く》

amazonでの評価はこちら↓
コーエー定番シリーズ源平合戦
コーエー定番シリーズ 源平合戦




ホーム ゲームの概要 攻略法 データ集 プレイレポート 大河ドラマ「平清盛」