コーエー定番シリーズ「源平合戦」の攻略に…

平清盛 第8回「宋銭と内大臣」

初登場の藤原頼長(山本耕史)。実にかぐわしい悪左府ぶりを発揮してくれました。

 

学問に励んで膨大な量の書を読み「日本一の大学生」と称された人なので、策士というより融通の利かない堅物という従来のイメージでしたが、改めて調べてみると、私的報復とかけっこう悪辣なこともやっているようで、さすが“悪左府”の異名はだてじゃないようです。

 

ところで今回の放送は、清盛の長男・重盛誕生の約1年前とみてよいから、1137(保延3)年前後の話とみられます。藤原忠実−頼長 vs 藤原忠通という摂関家の対立の構図が鮮明になってくるのは、1140年代に入ってからなので、もう少しで物語も佳境に入ってきますね。次回から後白河天皇(松田翔太)もご登場のようですし。

 

当時の庶民には申し訳ないことながら、やはり世が乱れないと面白くありません。

amazonでの評価はこちら↓
コーエー定番シリーズ源平合戦
コーエー定番シリーズ 源平合戦




ホーム ゲームの概要 攻略法 データ集 プレイレポート 大河ドラマ「平清盛」