コーエー定番シリーズ「源平合戦」の攻略に…

平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」

後白河帝(松田翔太)初登場。優雅さを漂わせながら内に凶気を秘めた雰囲気です。

 

この時点では皇位継承とは無縁で気楽な立場にあったため、遊興に明け暮れる日々を送っていたようです。特に、今様好きは筋金入り。三度ほど声が出なくなるほど歌い、そのうち二回は喉が腫れて湯や水も飲み難いぐらいになったとか。

 

今様の遊び相手も、公家に始まって一般の京の住民から遊女や旅芸人まで幅広い階層に及んでいたということなので、実際に賭博にも手を出していたのかもしれません。

 

そういった奔放な親王時代の面倒を見ていたのが、高階通憲(阿部サダヲ)と二番目の妻・朝子(浅香唯)。史実でも、朝子が乳母になっていたそうです。

 

今回は少ししか出番のなかった源義朝(玉木宏)。身寄りのない素浪人然としたいでたちで、武者修業というか仙人みたいなことしていましたが、史実では上総国の豪族・上総氏のもとで不自由なく生活していました。

 

ドラマの中で、三浦一族の者が義朝のもとを訪れて助力を求める場面がありましたが、次回あたり「大庭御厨濫行事件」が起きるのでしょうか。

 

この時期、義朝は東国の在地豪族間の争いに介入しつつ、三浦義明・大庭景義ら有力豪族を傘下に収め、東国を地盤として独自に勢力を伸ばしていました。

amazonでの評価はこちら↓
コーエー定番シリーズ源平合戦
コーエー定番シリーズ 源平合戦




ホーム ゲームの概要 攻略法 データ集 プレイレポート 大河ドラマ「平清盛」